ニュース

2021年1月14日 お知らせ

木戸建設株式会社との資本提携に関するお知らせ

 当社は、以下のとおり、木戸建設株式会社(本社:宮城県加美郡加美町字町裏77-1、代表取締役社長:木戸和夫、 ホームページ:https://kidokensetsu.takumino.co.jp/ (クリックすると別画面で開きます)、 以下「木戸建設」)と資本提携いたしましたのでお知らせいたします。

  

1.資本提携の理由

 当社は、東北地方を中心に社会資本の整備、維持、修繕を通して地域発展の土台を支え続ける創業131年の株式会社小野工業所をはじめとするグループ10社の持株会社として2019年2月に設立をいたしました。

 当グループは2015年からの5年間において、建設業を取り巻く構造的な環境変化に際し、長い歴史に裏付けられた技術やノウハウなどを持ちながらも、後継者難、採用難などの経営課題に直面した企業との9件の資本提携を実行し、経営基盤の強化、労働条件の向上を含む人材採用の強化などを通じて、グループ各社の収益性、持続性の改善を実現してまいりました。

 また福島が中心であった事業拠点を札幌、仙台、東京、千葉、熊本、大分、福岡へ拡大し、事業領域の拡充を背景としたグループ会社間での相乗効果の発揮により、グループ企業価値の向上に努めてまいりました。

 木戸建設は昭和11年の創業以来、約85年にわたり、宮城県にて事業を展開している企業であります。創業以来、『安全』『確実』『迅速』を経営理念とし、「信用を第一にすべし」という基本方針のもと経営してまいりました。また、宮城県優良建設工事施工業者表彰受賞49回は県内最多と、非常に優れた建設技術を持った建設会社でもあります。

 このたび、TAKUMINOホールディングスの「持続的な社会基盤をつくる」という経営理念のもと、東北地方の社会資本の老朽化対策ならびに後継者課題の解決を目的にTAKUMINOホールディングスとして10件目となる木戸建設との資本提携に至りました。 今後も木戸建設を含めたTAKUMINOグループ全体のシナジーを創出すべく、木戸建設の既存のお客様を大切にしながら益々地域に貢献していくグループ経営を推進する方針です。

   

2.資本提携の内容

 当社は、木戸建設の創業家が保有する木戸建設の発行済株式数のすべてを1月13日付で取得し、同社を当社の子会社といたします。

  

3.資本提携の相手先の概要

(1)名称 木戸建設株式会社
(2)所在地 宮城県加美郡加美町字町裏77-1
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 木戸 和夫
(4)事業内容 土木工事業
(5)資本金 50百万円
(6)設立年月日 1963年8月

   

4. 役員構成

 今後の社会環境、事業特性に応じた最適な運営体制を構築し、迅速な意思決定を行える体制を整備致します。新体制は以下の通りです。

 代表取締役会長:小野晃良(TAKUMINOホールディングス株式会社 代表取締役社長)
 代表取締役社長:千田浩明(TAKUMINOホールディングス株式会社 取締役)
 取締役相談役:木戸和夫
 取締役:小野雅亮(株式会社小野工業所 代表取締役社長)
 取締役:佐々木茂隆(株式会社小野工業所 常務取締役)
 監査役:佐藤和夫

  

5.今後の見通し

 本資本提携により、1月13日付で木戸建設は当社の連結子会社となりますが、同社の子会社化に伴う当社連結業績への取り込みについては、2020年12月31日をみなし取得日とする予定です。 本資本提携による連結会計年度(2021年6月期)の当社連結業績に及ぼす具体的な影響は軽微であり、長期的には当社の業績向上に寄与するものと考えております。

  

<本件に関するお問い合わせ先>

〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷33階
TAKUMINOホールディングス株式会社 取締役広報部長 松居 一由
Kazuyoshi_matsui@takumino.co.jp  
電話 03-6550-8028

   

<木戸建設株式会社のホームページ>

https://kidokensetsu.takumino.co.jp/

クリックすると別画面で開きます

    

<木戸建設株式会社の新しいロゴ>

以上